鈴木 優 新人類世紀

新人類世紀 プロフィール いよいよ新人類の時代が始まりました【新人類世紀】は次世代へ活きる人と自然と共生をテーマとして、ブログ「鈴木 優 新人類世紀 土地親和論シリーズ」をお送りするとともに、次世代に活きる価値観や生活スタイルや日本のコンテンツに関する情報をご紹介します。

風の時代=新人類の時代(その1)

f:id:winds082012:20210421130243j:image

このブログの題名は新人類世紀です。

 

この題名の内、新人類というフレーズはお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、かつてその当時の若者が新人類と名付けられたことがあるのですが、そこからとってきています。

 

ウィキペディアによればこの新人類という言葉は現在では一般的には死語の扱いとなっていますが、1980年代に「従来とは異なった感性や価値観、行動規範を持っている」若者を指す言葉として用いられたということで、現在でもマーケティングにおける世代区分で使用されることがあるようです。

因みに、不肖この私も新人類の世代に当たりますが。

 

だから私はこのブログで新人類の言葉を使用した、ということではありません。

 

私がこの言葉に注目したのは、上に書いた新人類の定義が今後の変わっていくべき人々の姿を表現する上において適当だと考えた、ということが一つの理由です。

 

そしてもう一つの理由は、この言葉が主に1980年代に生きた言葉として使用された、ということです。

 

では、この1980年代とはいかなる時代なのでしょうか。

 

前半はイランにおけるホメイニ革命に端を発した石油ショック後のもはや戦後の高度成長期は終わったと言われた不景気の時代、後半はプラザ合意後の大規模な金融緩和を背景としたバブルの時代、ジャパンアズナンバーワンと謳われた時代、そして昭和~平成に移り変わる時代であり、その後1990年代はバブルがはじけていくことになります。

しかし、私が注目したのはここではありません。

 

実は占星術では、1981年から2000年にかけては「風の時代」だったのです。

 

少し混乱するかもしれませんので、以前のブログでも書きましたことを簡単に繰り返してみます。

ザクッと言いますと、占星術では星は風、火、水、地のエレメントに大別されますが、約20年ごとにそのどれかのエレメントに属する期間になる(この辺りの詳細は以前のブログを見ていただくか、またはネットでも容易に調べることが可能です)、ということになっています。

そして、この20年ごとに変わるエレメントの期間が連続して10回程度主に同じものになるという現象が起きます。

例えば、2020年の暮れまでは200年くらい地のエレメントの期間に主に連続してなっており、また今後200年くらいは風のエレメントの期間に主に連続してなる、ということです。

したがって、「今や風の時代になった」ということになるわけです。

 

しかし、20年ごとのエレメントを個別にあたっていくと、中に例外のエレメントが混じっていることがわかります。

大体10回前後連続するエレメントの中に2回くらい(つまり20年×2回で合計40年間ぐらい)別のエレメントが混じります。

 

そして1981年~2000年は、それまで地のエレメントの期間は続いていた中で突然変異のごとく別のエレメント、すなわち風のエレメントの期間となっていたのです。

あたかも、2020年暮れから始まる本格的な風のエレメントの期間の予行演習をするがごとく。

 

続く