鈴木 優 新人類世紀

新人類世紀 プロフィール いよいよ新人類の時代が始まりました【新人類世紀】は次世代へ活きる人と自然と共生をテーマとして、ブログ「鈴木 優 新人類世紀 土地親和論シリーズ」をお送りするとともに、次世代に活きる価値観や生活スタイルや日本のコンテンツに関する情報をご紹介します。

B/N 2020.12.09 不動産を動かす見えない何か その3

f:id:winds082012:20210206180719j:image

河合氏の本ではさらに続けて、このカイロスとしての「時」が訪れるとき、不思議な現象に出会うことがあると書かれています。
それは(その本の中の表現をお借りすれば)偶然にしては、あまりにも意味の深い偶然と考えられる現象が起こる、というのである。
一例が載っています(また本の中の表現をお借りします)。
・今まで絵に関心のなかった人が友人と絵の展覧会に行く夢を見る
・患者の劣等機能である感覚機能の発展という意味で絵を見るのも意味があるだろうと(この夢について)分析家と話し合う
・帰宅すると夢に見た友人から電話があり、絵の展覧会に誘われる
と言った現象です。


いわゆる夢のお告げのような話ですが、このような「意味のある偶然の一致として」の現象は心理療法の現場では珍しいことではなく、特に心理療法によって転機が与えられるような場合に経験することが多いとのことです。ユングはこの現象を一般的に認知されている因果律の原理とは別の、非因果的な同時性(シンクロニシティ)の原理として重要視しています。
そして同時性の原理は、東洋の易等の伝統的な物事の解釈の仕方や西洋占星術等に深く関連するものと考えられ、実際ユングはこのような同時性の原理を研究するために、この同時性の原理を扱ったと思われる西洋占星術について実験を行い論文を書いたりしているのです。


では次回は以上のことを踏まえ、現在の西洋占星術の状況について、見てみたいと思います。


続く